2017年1月27日金曜日

ヴィクトリア&アルバート美術館 ヨーロッパ (バロック時代)

バロックの語源はポルトガル語の「ゆがんだ真珠」で、17世紀にイタリアで起こり西ヨーロッパ全域に広まりました。激しい動きを表し、迫力に満ち、見る者に訴えかけます。色彩や金をよく使う絢爛豪華なバロック様式はハプスブルグ家の宮廷の豪華趣味に合い、オーストリア、南ドイツ、スペインで流行しました。反宗教改革運動の一環として華麗な教会を演出することによって信者を戻そうと考えました。

ネプチューンとトリトン(1622-23) ベルニーニ
モンタルト枢機卿の庭の噴水の彫刻として造られた。

パラダイス(1680) 
バロック教会やバロック宮殿の天井に描かれた奥行きがある絵画

福女ルドヴィーカ・アルベルトーニの彫刻見本(1672)ベルニーニ
裕福で著名な一族に生まれながらも、財産を献身的に貧者への施しに用いて、健康を害し、最後は天へ召されたとされる女性で、死の淵で苦しみながらも、神のもとに行けることを喜んでいます。

鏡(1650-1700)とテーブル(1690)

バロックの特徴として天使の顔などがある。

オランダ製キャビネット(1690-1710)

銀のパフューム・バーナー(1630-1640)

良い香りが健康に良いと思われていたので月桂樹とか杜松などをスモークしました。

油絵イザベラ大公妃の凱旋(1616)

17世紀初期のベルギーはスペイン王フィリッペ2世の娘イザベラの支配下でした。

悲しみの聖母(1680-1700)グラナダ

湯たんぽ

フット・ウォーマー(1600-1700)中に熱い石炭を入れます。

伊万里など、東洋陶器

デルフトのチューリップ挿し(1695)
オランダの東インド会社は1644年明との貿易が禁止され、中国陶磁器を輸入できませんでした。

象牙と黒檀で作られたナポリ製キャビネット(1600) 

オーストリア製クリスタルのカップ(1650-1700)

 
ドイツ製聖壇(1625-1650)琥珀と象牙

キャビネット

フランスの絵

オランダの白ワイン・グラス(1650-1700)

象牙のキャビネット(1660-1671) 
ルイ14世の弟のオルレアン公のパレ・ロワイヤル邸にあった家具

刺繍の壁掛け(1683-1690) ルイ14世と愛人のモンテスパン夫人。

ルブラン織り(1683-1687) ニコラ・プッサンのモーゼスの物語

ルイ14世の箪笥(1680-90)

インクスタンド(1710-20)、トワレ箱(1710-15)、箱(1680-90)

0 件のコメント: