2017年3月8日水曜日

ロンドンの宝石店 ファベルジェ (1870年創業)

カール・ファベルジェはロシアの宝飾商の家に生まれ、1870年にペテルスブルクの父の店を継ぎました。1882年ファベルジェはロシア博覧会で金賞を受け脚光を浴び、2年後には皇帝アレクサンドル3世に認められ、皇室のために宝飾品を製作します。

ロシアではイースターに彩色した卵をプレゼントするしきたりがありますが、ファベルジェはこれを宝飾品として、アレクサンドル3世とニコライ2世とその家族たちのためにたくさんのイースターエッグを作りました。イースターエッグは1900年のパリ万博に出品され大評判になり、ファブリジェを有名にしました。

0 件のコメント: