2017年3月13日月曜日

イギリス王室のダイヤモンド コイノールとカリナン

世界最大のダイヤモンドは英国王室が所有しています。

コイヌール(1861カラット)は今から500年前にインドで発見されました。男性が持つと不幸になり、女性が持つと幸福になるという伝説を持つコイヌールはインドの権力者たちの間を転々としました。インドが英国の支配下に置かれると、コイヌールはイギリスの東インド会社の手に渡り,ヴィクトリア女王に献じられ,1850年に開催された万国博覧会に展示されています。その後イタリアの宝石師によって106カラットまでカットされ、現在はクイーン・マザーの王冠に輝いています。

カリナン・ダイヤモンド(3024カラット)は1905年に南アフリカで採取されました。当時のダイヤ鉱山のカリナン会長の名前が付けられました。カリナンはエドワード7世戴冠の献上品として英国に渡り、英王室はそれを9つに分けて、最大のもの(530カラット)は王錫に付けられました。

コイヌールとカリナンは、現在ロンドン塔で見ることができます。

0 件のコメント: