2017年1月12日木曜日

V&A ファッション・ギャラリー(1920-30) ギャルソンヌ・スタイル

第一次世界大戦中、女性が会社や工場で働き始めると長いスカートは邪魔になり、過剰な装飾は取り払われました。学問をし、職業を持ち自由に恋愛する戦後の新しい女性は少年のようなと言う意味でギャルソンヌと呼ばれました。

絹のイブニングドレス(1925)
短い紙、ゆったりしたローウエスト、膝丈のドレスが流行しました。スカート丈が短くなるにつれ長く美しい脚が注目されるようになります。下着は胸を平らにするブラジャーを着け、ウエストのくびれを消しました。

 イブニング・ドレス(1922-25)

絹のペチコート(1927)

ベルベットのコート(1924-26)

0 件のコメント: