2007年3月26日月曜日

サクソン時代の王様たち

写真はサクソン時代の王様が戴冠式を行っていたオール・セイント教会と、そのとき使っていた戴冠式の石です。ウエストミンスター寺院で戴冠式が行われるようになる前は、わが町キングストンでやってたんですね。

この石の上で戴冠式を行った王様は、エドバード(902年)、エセルスタン〈925年)、エドマンド〈940年)、エドレッド〈946年)、エドウィン〈956年)、エドワード〈975年)、エセルレッド2世〈979年〉の7人だそうです。

それでは、ちょっとサクソン時代の王様たちについて勉強してみましょう。

西暦3世紀ころ、ヨーロッパではゲルマン民族の大移動がおこり、その一部族であるアングロサクソン人〈青い目、金髪、長身)がブリテン島にも移住し始めます。ローマ人が撤退した後、5世紀から6世紀になると、ブリテン島に続々と押し寄せ、先住民のケルト人をスコットランド、ウエールズ、アイルランドに追いやりました。そのとき、勇敢にゲルマン人と戦ったブリトン人の勇士アンプロレウス・アウレリアヌスが、後にアーサー王の伝説として人々に伝わることになります。

アングロサクソン人は島のあちこちに国をつくり、6世紀末までには7つの王国(ケント、イーストアングリア、ノーサンブリア、マーシャ、エセックス、サセックス、ウェセックス)ができました。

8世紀末ごろから、ヨーロッパでは北欧一帯に住んでいたゲルマンの一部族であったデーン人(通称ヴァイキング)がブリテン島を荒らし始めます。やがて、その侵略は本格的になり、7王国の中のイーストアングリア、ノーサンブリア、マーシャ、ケントは次々にデーン人に占領されてしまいました。

ウェセックス王国のアルフレッド王も何回となくデーン人と戦い、最後にはデーン人を追い払い、協定を結んでデーン人の占領地〈イングランド北東部)との境界線を決めてエセックス王国を守り通すことができました。英国人はこの王のことをアルフレッド大王と呼んで歴史的英雄として尊敬しています。

そして、大王の息子のエドバートがキングストンの教会で最初に戴冠式を挙げるのです。そのうちデーン人の勢いが次第に弱まるにつれてウェセックスは逆に領土を広げていき、大王の孫のエセルスタンの時には、デーン人の土地はほとんどウェセックス王の支配下に組み入れられ、アングロサクソンによる統一イングランド王国が成立します。

エスルスタン王の後は兄弟のエドマンドとエドレッド、甥のエドウィンとエドガーに続き、比較的平和な時代が続きます。しかし、エドガー王の長男エドワード王が継母の手で殺され、異母弟のエセルレット2世が王位につくと、この王家の争いにつけこんで、機会を狙っていたデーン人が再び侵略を始めます。しかも今度はデンマークという国家組織を持った人たちでした。

王はフランスのノルマンディー公国からエンマ姫を王妃に迎え、その援助を借りようとします。王は国民からもたくさんの税金を取り立てて〈デーン税)、デーン人が攻撃をかけてくる度に多額のお金を支払ってその侵略を食い止めようとしますが、税に苦しむ国民には嫌われてしまいます。頼りにしていたノルマンの援助も、彼らが昔はデーン人だったため王の思い通りにはゆかず、王はとうとう妻の実家のノルマンディーに亡命し、その後イングランド全土はデンマーク国王スウェインの支配下になってしまいます。

幸いなことに、スウェイン王は翌年に亡くなり、デーンの軍隊も本国へ引き上げたので、エセルレット2世は亡命先から帰り、再び王制を回復します。それも束の間、1016年にはスウェイン王の次男のクヌートが大軍を率いて襲い掛かってきました。その中でエセルレット2世は寂しく世を去り、息子のエドモンド2世が即位しますが、彼もまもなく死亡します。こうやって187年続いたウェセックス王朝は幕を閉じたのでした。

この時エセルレット2世とエンマ王妃の間に生まれた幼い王子エドワードは母の故郷ノルマンディーに逃れ、26年後に再び祖国に帰り英国王として迎えられます。しかし、エドワードは幼いころからフランスで暮らしたため、アングロサクソンの風習に馴染まず、政治的には無能に近い王でした。一面、王は熱心なキリスト教徒で、ウエストミンスターに僧院を建て、その生涯を信仰に生きました。英国ではこの王のことをエドワード懺悔王と呼んでいます。彼がひとりの後継者も作らなかったことから、彼の死後、ノルマンの征服と呼ばれる大事件が起こることになるのです。

2007年3月25日日曜日

ロイヤル・コレクション

ルーブル美術館はフランス王家や貴族が所蔵していた美術品を集めたものです。プラド美術館もスペイン王室のコレクションを母体としたものです。ウイーンの美術史美術館も、ハプスブルグ家の美術コレクションを集めたものです。しかし、英国の王室はまだ存在しています。代々の英国王が集めた7000点といわれる美術品は、そのほとんどがバッキンガム宮殿やウインザー城などに飾られており、一般の人は、入場料を支払ってお城を見学するときにしか見ることができません。

バッキンガム宮殿には「絵画の間」という絵を見せるために造られた部屋がありますが、ウインザー城で絵をじっくりと見ている人はほとんどいません。実は私もウインザー城の絵を注意深く見るようになったのは最近です。

王の着替室などという小さな部屋をよく見てみると、デューラー、ブリューゲル、レンブラントなどの作品があります。写真はルーベンスの自画像(1623)です。工房作品も含めれば1500点もの作品を残したルーベンスですが、自画像、それも単身像のものは数点しか知られていません。帽子をかぶっているのは、額が後退しているのを気にしているから・・・と美術書に書いてありました(私が言ったんじゃないですよ)。ルーベンスは外交官も兼ねていたので、ヨーロッパ全土に大量の作品があり、ロイヤル・コレクションもかなりの数を所有しています。

カナレットも多く、ジョージ3世はベネチアの英国領事から絵画50枚、デッサン140枚も購入したそうですが、ウインザーで公開されているのは4点、バッキンガム2枚、他の絵はどこに隠してあるのでしょう?

ウインザーで目立つのは、ロイヤル・ファミリーの肖像画を多く手掛けた画家たちの作品です。ハンス・ホルバイン〈16世紀、ヘンリー8世の宮廷画家)、アンソニー・ヴァンダイク〈17世紀、チャールズ1世の宮廷画家)、トーマス・ローレンス〈19世紀、ジョージ4世の宮廷画家)が有名です。

2007年3月24日土曜日

ハンプトン・コート宮殿

ハンプトン・コート宮殿の週末(土・日)だけの英語ガイド・ツアーに参加してきました。チューダー時代〈16世紀前半)の音楽についてのツアーで、当時の衣装をつけた楽隊が、当時の楽器を使って、実際に演奏を聞かせてくれます。宮殿への入場料さえ払えば、誰でも自由に参加できます。「宮廷の音楽」と「庶民の音楽」があり、ブレーメンの音楽隊のように、楽隊について観光客がぞろぞろとついて歩くのです。これは面白かったです。お勧めです。

2007年3月22日木曜日

隣町のニューモルデン

今日は隣町のニューモルデンに行ってきました。英国ではかなり有名な韓国人街です。

私は毎週ニューモルデンの韓国系の大きなスーパーマーケットで買物をします。最新流行のKポップスが流れ、英系スーパーじゃ絶対に見られない霧が出る野菜陳列棚に新鮮な野菜が並び、手作りパン屋さん、甘すぎないケーキ屋さん、魚を下してくれる魚屋さん、しゃぶしゃぶ用薄切りまでできる肉屋さんに、おいしい総菜屋さんが入ってます。日本在住の方はなんとも思わないでしょうが、在英日本人にはかなり羨ましがられる環境です。

韓国ドラマの影響で始めた韓国語も、かなり聞き取れるようになりました。店で、駅で、電車の中で、よく韓国語で話しかけられますが、それなりに返答できるようになってきました。

それじゃ英国に住んでいる意味がないとか言う人もいますが、20年も英国に住んでいると、生活を快適にしようとは思いますが、別に英国らしく生活しようなんて考えないものです。どう見ても、韓国の食材の方が、英系のスーパーのものより魅力的で健康的でしょう?これからも韓国系スーパー通いはやめられません。

2007年3月21日水曜日

ヴィクトリア&アルバート美術館 マーガレット・レイトンの肖像画

今日はヴィクトリア&アルバート美術館(略してV&A)に行ってきました。装飾芸術では世界最大規模の美術館なのに、日本人観光客で、V&Aまで行く人は少ないですよね。展示室は145室。1日で全部回るのは不可能です。
写真は2階のイングリッシュ・ギャラリーにある、マーガレット・レイトンさんの肖像画(1620年頃)とそのときに着ていた服〈1610年頃)です。400年前に作られた服が残っているのもすごいけど、それを描いた当時の絵があるというのもすごくないですか?近くで見ると刺繍やレースの細かいこと。素晴らしかったです。

2007年3月20日火曜日

オーク

ナショナル・トラストのロゴに描かれているのは、何の葉っぱかご存知ですか?イングリッシュ・オークだそうです。

ナショナル・トラストが最初に購入した、Alfriston Clergy Houseの梁にオークの葉が彫られていたので、これをロゴとして使い始めたのだそうです。

それでは、オークは日本語だと何になるのでしょうか?オークを辞書で引くと、「柏」「樫」「楢」と出てきます。柏は落葉樹、樫と楢は常緑樹だそうですので、英国にあるオークは柏なのでしょうか?それじゃ、ナショナル・トラストのロゴも、樫ではなく、柏なのでしょうか?

イングリッシュ・オーク(学名Quercus robur)は、日本、韓国、中国に生息する柏(学名Quercus dentata)とは同類別種だそうです。イングリッシュ・オークは日本にはないそうですから、無理やり樫とか柏とかに訳さずに、オークのままで通した方がいいそうですよ。