2007年11月30日金曜日

マクロビ料理教室(白和えセルクル仕立て)

鈴木美保子先生のマクロビ料理教室に参加するため、パトニーまで行ってきました。調理実習中、写真をたくさん撮ったので、どんなお料理を習ったのか、お披露目しておきますね。まずは「ひじきの白和えセルクル仕立て」の作り方から。

乾燥ひじきを水洗いして、醤油小さじ2を加えて3分間煮ます。水切り後、梅酢を振りかけておきます。

ブロッコリー+ニンジンは切ってから塩茹でしておきます。レンコンは切ってから梅酢入りの湯で茹でます。

豆腐を手で崩しながら加えます。

豆腐マヨネーズにゴマペースト大さじ2を加えます。

適度な粘度に調節しながら和えます。

更にセルクルを置き、混ぜたものを詰めます。

崩れないように、そっと型を抜きます。

ハーブなどで盛り付けます。

マクロビ料理教室(カスレ)

鈴木美保子先生のマクロビ料理教室で習った、カスレの作り方。

鍋にオイルを熱し、ねぎを炒めます。

厚揚げは2分ほど茹でて、スライスします。

ねぎに厚揚げを加えてさらに炒め、塩を少々加えます。

そこに、ハリコット・ビーンズ(半日以上水に浸し、水・昆布・塩を加えてやわらかくなるまで茹で、冷ましてから水切りしておきます)と高野豆腐(油で揚げます)を加えます。

トマト・ソース(玉ねぎ1個、ニンジン1本、セロリ1/3本をみじん切りにして、オリーブ・オイルで炒めます。トマト水煮缶1缶と月桂樹の葉1枚を加えてとろみが出るまで加熱します。麦味噌大さじ2を入れて、更に20分ほど加熱します)を加えます。

水を加え、30分ほど加熱します。

料理を耐熱容器に移します。オーブンは200℃に暖めておきます。

刻んだカシューナッツ+パン粉+パセリを表面にトッピングして、オリーブオイルをかけ、オーブンで10分ほど焼きます。

マクロビ料理教室(みかんシフォンケーキ)

鈴木美保子先生のマクロビ料理教室で習った、「みかんを使ったシフォンケーキ」の作り方。

①ボウルに薄力粉100g、全粒粉85g、ベーキング・パウダー大さじ1、自然塩少々、ポピーシード大さじ1、ターメリック少々入れます。

②植物油脂50ml、米飴180ml、豆乳120ml、みかんの果汁70ml、バニラ・エッセンス小さじ2、オーガニックみかんの皮摩り下ろしを混ぜます。

①と②を混ぜ、最後に刻んだみかんの果肉を加えて混ぜます。オーブンは180℃に暖めておきます。

シートを敷いた型に流しいれます。

オーブンで25分間焼きます。

盛り付けは、好みでフルーツ・ソースやミントの葉を添えます。

マクロビ料理教室(マロンラテ)

鈴木美保子先生のマクロビ料理教室で習った、マロンラテの作り方。

①粉寒天5gと水100mlを鍋に入れ、沸騰したら弱火にしてかき混ぜます。

②豆乳400gにマロンピューレ250gを加え、弱火にかけながら混ぜます。

①と②を混ぜ、器によそいます。

しばらく置いておくだけで、固まります。

召し上がる前に、ライスミルクと豆乳を暖め、ミルクホッパーで泡状にしたものを飾り、シナモン・パウダーをかけたら出来上がり。

2007年11月29日木曜日

最近のファッション・ショー

来週、うちの中学生の娘が、学校の授業の一環で、バーミンガムまでファッション・ショーを見に行くそうなんです。それで娘にそのサイトを見せてもらったら、すごく面白かったので、ブログに紹介しようと思いました。ファッション・ショーって言うよりも、ダンスのショーみたいです。最近のファッション・ショーって、こんな風なんですね~。興味があったらclothes show liveをクリックしてみてください。

2007年11月28日水曜日

D.I.Y.

D.I.Y.はDo It Yourselfの略で「自分でやりなさい。」という意味。ということで、バスルームの床を自分でやってみました。まず、DIYショップに行って、プラスチックのタイルを買ってきました。

で、切り貼りしていくと、写真のような素敵な床になりました。本邦初公開、うちのトイレです。嬉しくて写真を撮ってしまいましたよ~。床に使ったお金はたったの8ポンド(約2千円)です。

ちなみに、壁のタイルも3年ほど前に自分でやりました。こっちは本物のタイルを使いましたから、お金も時間もかかってますが・・・ちょっと自慢です。

2007年11月27日火曜日

ピカソの鳩の絵

うちのベランダに、白い鳩が3羽住んでいます。飼ってるわけではありません。勝手に住んでいます。真っ白でとても綺麗なのですが、糞の掃除が大変で困っています。白い鳩は、神の使い(聖霊)であり、平和の象徴とされていますので、追い出すわけにもいきません。

ピカソは鳩が好きで、娘の名前にまで「鳩」と名づけました。香水やアクセサリーのブランドで有名な娘のパロマ・ピカソ(Paloma Picasso)の名はスペイン語で鳩を意味します。

なぜ鳩が平和の象徴になったのでしょう?旧約聖書の「ノアの箱舟」の洪水が治まった際、陸地が再び現れたかどうか調べるために鳩が放たれ、数日後にオリーブの小枝を持って帰ってきたという記述から、鳩は平和のシンボルとなったのだそうです。

Dove of Peace (平和の鳩)

Colombe avec Fleurs (鳩と花)

Blue Dove (青い鳩)

Paloma de la Paz(平和の鳩)

2007年11月26日月曜日

フローレンス・ナイチンゲール

メイフェアにフローレンス・ナイチンゲールが晩年(1866年~1910年)住んでいた場所(家はもうありません)があります。「ランプを持った天使」と呼ばれ、伝記にも書かれた有名な看護婦さんの生涯を簡単にまとめてみました。

フローレンス・ナイチンゲールは1820年、イタリアのフローレンスで生まれました。だから、フローレンスという名前なんですよ~。裕福な家庭で育ちましたが、華やかな社交界には興味がありませんでした。ケンブリッジ大学を卒業した父親から勉強を習って成長します。

青春時代にボランティアで貧しい村々を訪ねるようになり、自分の仕事は看護婦だと決めますが、家族の反対があり説得するのに時間がかかります。求婚を断り、家族の反対を押し切り、30歳の時にドイツの看護学校へ行きます。

1854年クリミア戦争で戦場に向かい病院の改革にあたりました。夜になるとランプを手に病院を巡回し、The Lady of the lampと呼ばれました。

1860 年にロンドンで看護学校を設立。50歳くらいから寝たきりになりますが、ベッドの上で、調査、統計、提案を繰り返し、執筆活動を続け、看護婦のバイブルで ある「看護覚書」を書き上げます。それで、メイフェアのこの場所で1910年90歳で亡くなるわけですが、40年も寝たきりだったんですね~。

2007年11月25日日曜日

マホニア・メディア

花が少ない季節に、かなり目立つ黄色い花をつけているのは、セイヨウヒイラギナンテン(西洋柊南天)。中国原種のヒイラギナンテンと台湾産のロマリフォリアの交配種だそうです。

学名と英語名はマホニア・メディア・チャリティー(mahonia x media cv. charity)。ちなみに、柊はモクセイ科、西洋柊はモチノキ科、西洋柊南天はメギ科で、全然違う植物です。

2007年11月24日土曜日

ピカソの女たち

20歳のピカソの自画像です。暗いですよね~。「青の時代」の作品ですよね~。昨日、テート・モダンで、ピカソは天才だから絵画スタイルをどんどん変えていったという話を聞き、ピカソに興味を持ちました。女性が変わるとスタイルも変わったみたいで、彼の妻やガールフレンドたちの肖像画を見ながら、彼の生涯を振り返ってみました。

23歳~31歳 フェルナンド・オリビエ(Fernande Olivier)
同棲を始めた時、ピカソ23歳、フェルナンド17歳でした。彼女は若きピカソの美の女神で、青の時代から、ばら色の時代へ変わりました。

この時代の作品は「アヴィニョンの娘たち」。当初はフェルナンド・オリビエがモデルだったようです。

31歳~34歳 マルセル・アンベール(Marcelle Humbert)
通称エヴァ(Eva Gouel)。1911年から彼女が病気で亡くなる1915年までの短い期間同棲します。

ピカソはエヴァと付き合い始めた頃キュビスムにはまってました。この絵の題名は「マ・ジョリ(Ma Jolie)」で「私のかわいい人」という意味だそうです。エヴァのことを描いているらしのですけど、これって肖像画なんですか?

36歳~46歳 オルガ・コクローワ(Olga Khokhlova)
1918年にロシア・バレエ団のダンサーだったオルガと正式に結婚しました。

オルガと長男パウロの絵。ロシアの名家出身の彼女は誇り高く、ヌードで描かれるのも、キュビズム風にに変形さえるのも嫌いました。

ピカソにとって妻オルガとの生活は息が詰まりそうでした。実は、テート・モダンにある「3人の踊り子」の絵の真ん中にいる女性はオルガで。右側の茶色と白の人がピカソ、彼と踊っている左側の女性は昔の愛人ジェルメーヌらしいのです。妻から気持ちが離れてしまったことを絵にしたみたいです。

46歳~55歳 マリー・テレーズ(Mrie Therese Walter)
出会った時、ピカソ46歳、マリー17歳。ギリシア彫刻のような顔立ちにピカソが一目惚れしました。

「鏡の前の少女」も、マリー・テレーズをモデルにしています。ふくよかな体は、ピカソが女性に求めたおおらかな母性を示しています。

1935年に娘のマヤが生まれます。お母さんは美人に描かれているのに・・・、小さな子供に、この肖像画はちょっとかわいそうじゃないですか?

55歳~63歳 ドラ・マール(Dra Maar)
1936年から第二次世界大戦後まで交際した、アルゼンチン育ちの写真家です。

1937年4月26日フランコ軍を支援するドイツ軍はスペイン北部の街ゲルニカを爆撃します。この爆撃によって市内の70%が炎上し、たくさんの死者が出ました。パリにいたピカソは5月1日製作に取り掛かります。「ゲルニカ」はパリ万博のスペイン館に展示されました。

62歳~72歳 フランソワーズ・ジロー(Francoise Gilot)
62歳の誕生日から同棲しますが、その時彼女は、画家志望の22歳でした。年の差40歳!

ヌードのフランソワーズを描くうちに、「君は植物みたいだ」と言って描いた作品だそうです。

二人の間にできたクロードとパルマの肖像画。10年間生活を共にしますが、わがままな画家との生活に疲れ、自らピカソのもとを去ります。

72歳~92歳 ジャクリーン・ロック(Jacqueline Roque)
ピカソが死ぬまで20年余りを共に過ごした彼女は、南仏ヴァロリスの陶器工房の店員でした。1961年正式に結婚しました。

これは「接吻」という作品で、ピカソとジャクリーンがキスをしているところを描いた自画像(?)ですが・・・このときピカソは88歳です。気持ち悪いというか・・・、元気だね~というか・・・。ピカソは91歳で亡くなる直前まで、製作意欲を絶やさなかったそうですよ。