2007年7月31日火曜日

バッキンガム宮殿

7月28日から9月28日までの2ヶ月間、バッキンガム宮殿のステート・ルーム(迎賓館)が一般公開されています。

ロイヤル・パレスとしての宮殿の歴史は、1761年にジョージ3世がバッキンガム公爵の館を買い取ったことから始まります。1826年、ジョージ4世は、ここを宮中会議を開いたり、王室の公式政務を行ったりできる王宮として改築を開始します。1850年、ヴィクトリア女王は宮廷舞踏室と育児室を増築し、国家政務と家庭生活の両方の機能を果たす宮殿にしました。1913年、ジョージ5世は宮殿の正面にヴィクトリア女王記念碑や金色の門を造って現在の姿にしています。

宮殿にはステート・ルーム19部屋、寝室52部屋、スタッフ・ルーム188部屋、事務室92部屋、トイレ78箇所あり、女王様は北側の2階の12部屋をプライベート・ルームとして使っています。

女王様は公式、非公式に多数の賓客をここで迎えます。舞踏室では定期的に叙勲式が行われ、夏には庭園で園遊会が催されます。

バッキンガム宮殿の限定販売品

ロイヤル・パレスは商売上手です。バッキンガム宮殿の夏の公開時には、庭にショップを作ってお土産物を売っています。

これは500枚限定のお皿です。表に2007年と記され、裏に500枚中何番かが書いてあります。

チョコレート(ココア)用のカップ&ソーサーです。これも500個限定です。お値段は125ポンドです。

今年は女王様夫婦の結婚60周年記念ですので、1000枚限定の特別なお皿もありました。

バッキンガム宮殿の庭

バッキンガム宮殿の庭から見た宮殿です。

宮殿見学の後、庭の中を歩いて出口まで向かいます。

宮殿の庭は風景庭園です。自然に見えますが、実は19世紀に、キュー・ガーデンの園長のウイリアム・タウンゼンド・エイトンが当時の造園の流行を取り入れて、池を造り、植林を行いました。

20世紀になってから、密集した低木は取り払われ、代わりに多様な木を植えました。現在、200本以上の成木が茂り、珍種も見られます。園丁チームによって、植林活動は絶えず続けられているそうです。

ストロベリー・ツリー

バッキンガム宮殿の庭には、珍しい木がたくさんあります。この木はストロベリー・ツリー。日本名はイチゴノキ。

今頃、こんな花をつけます。

そして、今頃、こんな実をつけます。熟すともっと赤くなります。実はジャムや果実酒に使用されます。

チューリップ・ツリー

バッキンガム宮殿の庭のチューリップ・ツリー。日本名はユリノキです。

5月ごろ、チューリップに似た花が咲きます。アメリカ原産です。

ハンカチーフ・ツリー

バッキンガム宮殿の庭にある珍しい木。スタッフの人がハンカチーフ・ツリーだと教えてくれました。日本名はハンカチノキです。

5月頃、こんな花が咲きます。1867年に布教活動で中国四川省の山地(標高2000m)にはいったダヴィッド神父が発見しました。だから、学術名をDavidiaというのですね。中国では鳩の木と呼ばれているそうです。

2007年7月30日月曜日

グリニッジ天文台

世界標準時で有名なグリニッジですが、ロンドンまで来ても、なかなかここまで訪れることができる人は少ないのではないでしょうか。

1675年、国王チャールズ2世の命を受け、ジョン・フラムスティードが初代王室天文学者になりました。彼はここで天文観測を行い、正確な星座図を作成しました。

これが子午線です。この天文台が子午線0度と定められたのは、1884年のことです。経度は地球を360度の円として、子午線からの割合を度・分・秒(000°00’000’’)と表します。日本はこの天文台から135度東の位置にあります。

天文台から見た景色です。丘の下にはクイーンズ・ハウス、海洋博物館、そして旧海軍士官学校(現グリニッジ大学)があります。その向こうはドックランズのオフィス街です。

1493年の世界

グリニッジの海洋博物館の展示物の写真です。

真ん中にある赤い線が、1493年(コロンブスのアメリカ発見の翌年)、ローマ法王アレクサンダー6世が定めた世界境界線(Boundary Line)です。法王は世界を2つに分け、この線の東はポルトガル領、西はスペイン領としました。

大西洋の真ん中できれいに分けたと思っていたのですが、南半球ではアメリカ大陸が東へ出っ張っていることを、その時誰も気がつきませんでした。境界線はきっちりと守られ、ポルトガルはブラジルだけに進出しました。だから、現在でも南米ではブラジルだけがポルトガル語を話しています。

そして、アジアはポルトガルのものになり、16世紀に日本までやって来たのはポルトガル船でした。17世紀にオランダやイギリスの東インド会社が勢力を伸ばしてくるまでは、日本はポルトガルからヨーロッパを見ていたのです。

2007年7月29日日曜日

ヘムロック

ヘムロック(hemlock)は、英国の道端でよく見かける雑草です。

日本名は、ドクニンジン。有毒で、古代ギリシアのソクラテスの死刑執行に使われた植物だそうです。

死刑執行人いわく「飲めばいいのです。それから足が重くなるまで、歩き回ってください。そして横になれば、自然に死にます。」

そんな草があちこちに群生しています・・・。誰か殺したい人がいる人は、是非お試しを・・・。

アコニタム、日本名は・・・

チャートウェルの庭にとてもきれいな青い花が咲いていました。興味を持った友達が、近くで花の手入れをしていた庭師に花の名前を聞いて、紙に書いてくれました。花の名前はアコニタム(aconitum)。

日本名はトリカブト。そう、あの保険金殺人で有名になった猛毒を持つ植物です。スイスの山などで、もっと濃い紫色の花は見かけますが、庭で栽培されているのは初めて見ました。昔、メディチ家などでは、毒薬を育てる庭を持っていたそうですが、まさか普通の庭でさいばいしているとは・・・。

と思っていたら、キュー・ガーデンにもありました。英国では普通に観賞用植物として育てられているみたいです。

コーン・フラワー

カタカナでコーン・フラワーと書きましたが、Cone FlowerとCorn Flowerは、スペルも発音も違う花です。

こっちはCone Flowerです。日本名はオオハンゴンソウ(大反魂草)といい、アメリカ原産で、繁殖力が強く、尾瀬や奥日光では在来植物が脅かされるとして、毎年駆除作業を行っているそうです。

こっちは、Corn Flowerです。矢車菊のことですね。ドイツの国花です。ツタンカーメンの墓からも花束が発見されています。コーンは小麦を意味し、ヨーロッパの麦畑に咲いていたことからこの名前がつけられたそうです。薬草でもあり、セントーレア(ケンタウレア)という属名は、ギリシア神話のケンタウロスがヘラクレスに放たれた毒矢で傷ついた仲間をこの植物を使って治したという伝説からきています。

コスモス

7月にコスモス?と思われるかも知れませんが、短日性植物だそうで、日が短くなったと感じたら咲くのだそうです。

原産地はメキシコの高原。18世紀のスペインで「コスモス」と命名されたようです。コスモスはギリシア語で「美しい」「飾り」「秩序」という意味があり、星が美しい宇宙のこともコスモスと呼びます。

日本では「秋桜」と書きますが、花が桜に似ていることから付けられた和名です。英語もラテン語もコスモスです。

チャートウェル

ケントにあるチャートウェルは、第2次世界大戦のころの英国の首相であったウィンストン・チャーチルの家です。チャーチルはこの渓谷の風景が気に入り、1922年に80エーカーの土地を購入しました。1965年に亡くなるまで住んでいた屋敷は、ナショナルトラストに寄贈され、図書室、書斎などが公開されています。

こちらはアトリエです。チャーチルは油絵が趣味でした。

こちらはゴールデン・ローズ・ガーデンです。

チャーチルの子供たちは、結婚式を挙げたときにここを行進したとか。

ウォール・ガーデンのレンガの壁はチャーチル自身が作ったものだそうです。

お花が見事でした。ここはチャーチルを知らない人にも、お薦めのガーデンです。

2007年7月28日土曜日

インディアン・ビーン・ツリー

今の時期、黄緑色の葉が目立つ木があります。アメリカ原産で1726年に英国に入ってきたインディアン・ビーン・ツリーです。

桐のようなきれいな花を咲かせます。実がササゲ(大角豆)に似ているので、日本ではアメリカ・キササゲと呼ばれているそうです。

2007年7月27日金曜日

ハンプトン・コートの対岸の遊歩道

ハンプトン・コート橋の隣りにある、駅で待ち合わせをしました。

待ち合わせの時間まで、20分くらいあります。とても天気が良かったので、テームズ川沿いの散歩道を歩いてみました。

リッチモンド行きの船乗り場です。先日の雨で、かなり水嵩が増えていました。

でも、白鳥たちは嬉しそうです。

対岸には、500年の歴史がある王宮、ハンプトンコート宮殿が見えます。

2007年7月26日木曜日

英国のハンギング・バスケット

日本のハンギング・バスケットは、人の目の高さの壁にアレンジした花をかけるものが主流のようです。

英国のハンギング・バスケットは、遥か頭上高い位置に花があります。だから、下から見た目も大切です。

2007年7月25日水曜日

ウォーター・リリー・ハウス

キュー・ガーデンで、私が一番好きな場所は、ウォーター・リリー・ハウス。


睡蓮の花は、今が旬です。

葉っぱの裏はこんな感じ。

池の清掃をしている人が、頑張ってくれています。
英語名Water Lily、学名Nymphaea。