2012年2月29日水曜日

朝のホワイトホール・ガーデンズ

朝の国会議事堂。

ウエストミンスターから見たテームズ川と観覧車。

旧スコットランド・ヤード、

防衛庁の次に、

ホースガーズ・ホテルがあり、

その庭はホワイトホール・ガーデンズという公園になっていて、

誰でも入ることができます。

ベンチもあり、散歩道も充実しています。

素敵な公園でしょう?

2012年2月28日火曜日

ウエンブリー・スタジアム

地下鉄メトロポリタン線のウエンブリー・パーク駅から大通りを真直ぐ進むと、

ウエンブリー・スタジアムに行くことができます。

このスタジアムの所有者であるイングランド・サッカー協会(The Footall Association)は、1863年に創立された世界最古のサッカー協会で、統一ルールを作成し近代サッカー誕生に貢献しました。

収容能力は90000席。屋根の付いたスタジアムとしては世界最大です。

FAカップ決勝戦などが行われるスタジアムですが、今年のロンドン・オリンピックのサッカーの決勝戦もここで開催されます。

毎日スタジアム・ツアーが行われていて、

入場料を払えば、中に入れます。

90000席、どうですか?

東京ドームより大きいです。

選手が出てくる「トンネル」にも立つことができます。

芝生は本物です。

ショップも充実しています。

2012年2月27日月曜日

サッカーの試合の日のパブ

サッカーやラグビーに疎い私は、日曜日にパブが混んでいる理由が分かりませんでした。パブの黒板からシックス・ネーションズ(6カ国対抗ラグビー)でフランスvsスコットランドの試合がエジンバラで行われることが判明しましたが、当事国でも主催国でもないイングランドのパブに集まって何が面白いのでしょうか。

こっちはもっとすごいです。

サッカーのイングランド・リーグ・カップの決勝がウエンブリースタジアムで行われた日のベーカー・ストリート駅前のパブです。

どうして警官が出動するほどの騒ぎになるのか、未だに分かりません。分かったのは、ラグビーやサッカーの試合の日は要注意ということだけです。

2012年2月26日日曜日

2月のキューガーデン

風の神殿の丘に群生しているのは、スノードロップ。

日本名はマツユキソウ(待雪草)。

学名はGalanthusです。

そしてこちらは、クロッカス。

今の時期、キューガーデンのあちこちに群生しています。

そして、ヴィクトリア・プラザのカフェの近くに群生するのは、

シクラメンです。

ヴィクトリア・プラザのカフェで香を放っているのは、

サルココッカ(sarcococca)です。

ヴィクトリア・ゲート近くのウインター・ガーデンで目立っているのはハナミズキ。

学名はCornus sanguinea Midwinter Fire、「冬の炎」という意味です。

これは、日本紙幣を造るミツマタ。

学名はEdgeworthia Chrysantha。

普段見過ごしそうな地味な花ですけど、

この時期だから目立つのが、マンサクの花です。

英語名はWhich-hezel。

学名はHamamelis x intermedia。

日本庭園には、

寒アヤメ。

やはり日本庭園には椿。

学名はカメリア・ジャポニカです。

花ではないのですが、真っ赤な実が目立っているのが、

コトネアスターです。

コトネアスターと飛行機。

2012年2月25日土曜日

トロピカル・エクストラバガンザ2012 (1)

パームハウス前の池も凍る寒い日に、

プリンセス・オブ・ウエールズ・コンサバトリーで行われている

トロピカル・エクストラヴァガンザを見てきました。

熱帯雨林の部屋は

外と違って、暑いくらいで、

蘭、蘭、蘭、

目立っているのは胡蝶蘭(英語moth orchid、学名Phalaenopsis)。

蘭は、英語ではOrchid、学名はOrchidaceae。

世界に15000種あるらしい・・・

ので、名前を覚えるのは無理。

こちらは熱帯植物で作った花のトンネル。

美しく、カラフル~。

外が寒~い冬だということを忘れさせてくれる

天国に一番近い部屋。

トンネルは、

まだまだ続きます。