2009年12月20日日曜日

メリークリスマス

来年も皆様にとってよい年でありますように。メリークリスマス。

2009年12月19日土曜日

バッキンガム宮殿からのクリスマス・カード

夏の一般公開時にバッキンガム宮殿のイヴニング・ガイドの仕事をしているので、毎年この時期にバッキンガム宮殿からクリスマス・カードが届きます。

これがバッキンガム宮殿からの手紙だということは、封を開ける前から消印で分かります。

しかし、なぜか毎年マークス&スペンサーのカードなのです。しかも中国製。職員の方が自前で買うのでしょうか?なぜマークス&スペンサーなのでしょうか?微妙です。

2009年12月18日金曜日

ウインザー&イートン

個人旅行のお客様と電車でウインザー&イートンに行ってきまた。

ウォータールー駅から乗り換えなしで50分、ウインザー&イートン駅に到着します。

ウインザー城のテラスから見ると、テームズ川の対岸に見えるのがイートンの街です。

550年の歴史を持つパブリック・スクール(13~18歳の男子私立校)であるイートン校は有名です。

このチャペルはウインザー城からもよく見えます。冬期はガイドツアーがないので、入口から覗くだけです。

城下町らしく、王室御用達のマークがついた雑貨屋がありました。ウイリアム王子やヘンリー王子はここでお菓子を買ったのでしょうか?

ヴィクトリア時代のポストもあります。博物館に入ってもいいくらいですが、現役です。

2009年12月17日木曜日

赤い電話ボックス

赤い電話ボックス ひとつ、

赤い電話ボックス ふたつ、

赤い電話ボックス みっつ、

赤い電話ボックス よっつ、

CMに使うために4つ並んでいるわけではありません。ほとんどの人が携帯電話を持っている時代ですが、緊急時のために公衆電話を残しているのだそうです。

2009年12月16日水曜日

ウインブルドン駅ホームのスタバ

私が地下鉄への乗換えなどで、いつも利用しているブリティッシュ・レイルのウインブルドン駅。

ホームのお茶屋さんがいつのまにかスターバックスになっていました。寒い中で電車を待つ時の、あのミルクティーが良かったのに・・・。アメリカ資本の波には勝てません。

2009年12月15日火曜日

65番バス

日本人学校に行くのに、65番バスに乗りました。

対向車線を走るのも65番バスです。

しばらくキングストンの住宅地を進みます。

左側にハム・コモン、

右側にゴルフ場が見え、緑が多くなってきます。
この地域は超高級住宅地が多いんです。

左側にテームズ川が見えてきたら、

リッチモンドの街に入ります。

この繁華街はこのバス・ルートで一番渋滞するところですが、

お掃除の人や、

郵便屋さんなど、いろいろな人を見ることができます。

リッチモンドとキューの間にはお洒落なレストランがたくさんあります。

左側にクリケット・グランド、その先にキュー・ガーデンのパゴダが見えます。

左の壁の中は世界遺産の植物園キュー・ガーデン。バス停4箇所分の大きさです。

キューガーデンの中心はヴィクトリア・ゲートです。

キュー・ガーデンが終わると、キュー・ブリッジがあります。

ここでテームズ川を渡ります。

スチーム・ミュージアム(蒸気博物館)。

しばらくテームズ川沿いを走ります。

ブレントフォード地域。

M4の高速道路の下をくぐると、

もうイーリングです。

ここら辺はロンドン西部の住宅地で、

日本人の駐在員家族が多く住む地域です。

中心地はイーリング・ブロードウェー。

Christ the Saviour教会の前でバスを降りました。

2009年12月14日月曜日

イーリング

イーリングのChrist the Saviour教会から、アクトンの日本人学校まで歩きました。

イーリングはショッピング・センターもある、ちょっと大きな街です。

庭付きの大きな家が多く、日本人の駐在員家族に好まれる地域です。

少し歩くとイーリング・コモンがあります。

綺麗な並木ですね~。

青空に冬の木が映えて美しい~。

芝生は冬でも美しい緑色を保っています。

ここは四季を通して美しい道なのです。

花が少ないこの季節に目立っていたのはピサカンサス。

花も実も美しく、四季を通して美しい木です。

地上を走っている地下鉄の線路を越えて、

エドワード7世時代(100年前)のポストを見たら、

日本人学校に到着します。