2013年11月30日土曜日

ハイドパークのクリスマス・マーケット (ウインター・ワンダーランド)

毎年、クリスマス・シーズンになると、

  ハイド・パークにクリスマス・マーケットが現れます。

何百軒もの露店が出現し、

特に夜は美しい~。

夜といっても、

午後5時ごろでこの暗さですので、

まだ小さな子供連れ家族もいます。

人気のチョコレート・ショップ。

クリスマス・ツリー。

冬の夜の外での食事はかなり寒いと思うんですが、

皆さん元気。

子供はもっと元気です。

チップス屋さんや、

アトラクションもいっぱいあって、

ディズニー・ランドみたい。

こちらもチョコレート屋さん。

こちらでは暖かいワインが飲めるって書いてあります。

小さな子供用のアトラクションも

充実しています。

帰り道も美しい~。

暖かいワインを飲んだり、

キラキラのショップを見たりして、クリスマスの季節を楽しみましょう。

2013年11月29日金曜日

コベント・ガーデンのクリスマス・デコレーション

私がロンドンで一番綺麗だと思う

コベント・ガーデンの

クリスマス・デコレーション。

最近は毎年同じ飾りで、ちょっとマンネリ感はありますが・・・

クリスマス時期には必ず訪れたい場所です。

アップル・マーケットの前にある

巨大なクリスマス・ツリーをお見逃しなく。

冬の夜の外のレストランって、

寒くないですか?

また、メインの建物に戻って、

今度はオペラ歌手の歌を聞いてもいいし、

 キラキラのショッピング街で買い物もいいですね。

2013年11月28日木曜日

自然史博物館のスケート・リンク

毎年、冬になるとロンドンのあちこちにスケート・リンクが出現します。

その中でも一番美しいのが、自然史博物館前のスケート・リンクです。

クリスマス・ツリーの周りを滑るんです。

2013年11月27日水曜日

キューガーデンの紅葉狩り

晩秋のキューガーデンで、

紅葉狩りをしてみました。

世界中の木が見られる植物園だから期待している人も多いでしょうけど、

実は、それほど紅葉している木は多くないんです。

 Sweet Gum、学名はLiquidambar styraciflua アメリカ原産

Chittam wood、学名はCotinus oboratus アメリカ原産


銀杏  Maidenhair Tree 学名はGinkgo Biloba 中国原産

天気がいい日のキューガーデンは気持ちいい。

Norway Maple、学名はAcer platanoides ヨーロッパ原産

 Acer sieboldianum 日本原産

もみじ 英語名はJapanese Maple

 学名はAcer palmatum

日本、中国原産

テンペレート・ハウス隣の桜並木が、

オレンジ色に色付いてました。

Stuartia pseudocamellia 日本原産

 Meliosma veitchiorum 中国原産

 Sweetchestnut、学名はCastanea sativa ヨーロッパ原産 大きな栗の木の下で~♪♪

 Sweetchestnut、学名はCastanea sativa ヨーロッパ原産

午後3時を過ぎると西日が差し、午後4時になると暗くなるのがイギリスの冬時間。

明るい黄色に色付いているのはもちろん銀杏の木ですが

 なんと、キューガーデンの250年祭を祝してエリザベス女王が植えたものだそうです。

ブナ Common Beech、学名は Fagus Sylvatica ヨーロッパ原産

カバノキ River Birch 学名はBetulanigra アメリカ原産

 
 Sorbus alnifolia 東アジア原産

Pyrus ussuriensis

Weeping silver lime、Tilia tomentosa Petiolaris

Italian Maple、学名はAcer obtusatum ヨーロッパ原産