2017年8月31日木曜日

ハロッズのクリスマス・ショップは夏にオープンします。

ハロッズのクリスマス・ショップは


毎年8月にオープンします。


ハロウィンなど関係なく


これからクリスマスまで、


クリスマス・グッズだけを売り続けます。


テディベアはプレゼントの定番。


クリスマス・ツリーの飾り。

ドアの飾り。

イギリス人はどんだけクリスマス好きなの?とは思いますが、

キラキラして綺麗だからいいか。

高級そうな飾り。

私は見るだけですけどね。


































自然史博物館の建物


 
ロマネスク様式の自然史博物館の建物は、1870年代にアルフレッド・ウォーターハウスによって設計されました。大英博物館にあったハンス・スローンの動植物の標本コレクションを基に、世界中の植民地から集められた莫大な標本コレクションを展示するために造られたオリジナルの建物です。
ウォーターハウスは、テラコッタの美しい組み合わせで建物を覆いつくすことを考えました。正面入口の柱群は見事です。


セントラル・ホール(Central Hall)に入ると、

高窓から差し込む光がテラコッタの装飾を際立たせています。
柱やアーチには鳥や葉の彫刻が浮かんでいます。

 天井は彩色された162枚の植物パネルから成っています。

階段を上って一番高い位置からセントラル・ホールを見下ろすと、
階段中央に進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの像がありました。













2017年8月30日水曜日

自然史博物館 地球ホール

自然史博物館の地質学部門の入口にあった地球ホール(Earth Hall)です。
エスカレーターが惑星をイメージした金属製の球体の中に入って行くのが、印象的です。

エレベーターの下にある彫刻も印象的。まずは神による天地創造の彫刻。ウイリアム・ブレイクの絵がモデルです。キリスト教やユダヤ教では、神が6日でこの世界を造ったことになっています。

こちらはギリシア神話のアトラスです。ゼウスとの戦いに敗れたアトラスは、西の果てで天空を持つ役目を負わされることになりました。その後、メデゥーサの首によって、アトラスは石に変えられ、アトラス山脈になったのだとか。

これがメドゥーサです。見たものを石に変えてしまうという恐ろしい魔物です。もともと美しい少女であったメドゥーサは、「自分の髪は女神アテナより美しい」と自慢したため、アテナの怒りを買い、醜くされ、髪は一本一本を蛇に変えられてしまいました。そして、ペルセウスによって首を切られてしまいます。メドゥーサは古代生物の化石を見下ろしています。最後はすべて石になってしまうと言いたいのでしょうか。

これはキュクロプス。ギリシア神話に出てくる一つ眼の巨人です。実際に象を見たことの無かった古代ギリシアの人々が、巨大な穴(鼻腔)がある象の頭蓋骨を見て、一つ眼の巨人の眼窩だと思い、キュクロプスを想像したのだと言われています。

2017年8月29日火曜日

自然史博物館の月の石、火星の石

これはアポロ16号が1972年に採取してきた5.5kgの月の石の一部(128g)です。樹脂製のピラミッドに封入されています。
こちらは火星の石です。1911年にエジプトに落ちた隕石で、石の成分から火星の石ということになったのだそうです。でも、どうして誰も火星に行ったことがないのに、この石が火星から来たって分かるのでしょうか?