2010年3月31日水曜日

キューガーデンのチオノドグサ

キューパレスの 前に咲くチオノドグサ。

毎年イースター の頃に紫のカーペット状に花を咲かせ、春が来たのを知らせてくれます。

Chionodoxa は学名で、ギリシア語でチオノ(雪)+ドクサ(栄光)という意味です。

英語名はglory of the snow(雪の栄光)。日本名はユキゲ ユリです。

原産地は東地中 海沿岸からトルコの高原にかけて。

2010年3月30日火曜日

キューガーデンの水仙

今、キューガーデンのあちこちで、水仙の花が綺麗です。

特にアエオラス神殿の丘と、

パームハウスからオランジェリーまで続く、

ブロード・ウォークのスイセンの道がお薦めです。

まあ、この時期はキュー・ガーデンの中、

どこに行っても水仙が咲いていますので、

自分のお気に入りの場所を見つけてみてください。

2010年3月29日月曜日

キューガーデンのクロッカス

プリンセス・オブ・ウエールズ温室前のクロッカスが見事でした。

まるで紫の絨毯みたい。

クロッカスは学名も、英語名も、日本名もクロッカス。

2010年3月28日日曜日

オーナメンタル・キャベッジ

キューガーデンの花壇のハボタン。

見た目が牡丹に似ているから葉牡丹です。

英語名はOrnamental cabbage。直訳すると「装飾的なキャベツ」という意味です。

学名はBrassica oleracea。アブラナの仲間です。

2010年3月27日土曜日

ウインター・アコナイト

キューガーデンの入口に咲くウインター・アコナイト。

学名はEranthis hyemalis。ヨーロッパ原産。

日本名はキバナセツブンソウ(黄花節分草)。

節分の時期に咲くから節分草です。今年は寒いから花が遅いですね~。

2010年3月26日金曜日

レンテン・ローズ

キューガーデンに咲くレンテン・ローズ。Lentenというのは、復活祭前の40日間の四旬節のことで、灰の水曜日から聖土曜日まで(今年は2月17にちから4月3日)で、その期間に花を咲かせることから命名されました。

学名はHelleborus orientalis。トルコ原産で、クリスマス・ローズの花が上向きなのに対して、レンテン・ローズは下向きです。

2010年3月25日木曜日

フルハムのオール・セインツ教会

パトニー橋の上から見たオール・セインツ教会。

All saints=すべての聖人を奉った教会という意味です。

駅に近く、川にも近い一等地なのに、墓地まであります。

イギリスやアイルランドでは、教会の墓地にいちいの木が植えられています。ケルト人たちはいちいの木を不老不死の象徴だとしていました。

900年の歴史ある教会だそうです。

中はこんな感じです。

2010年3月24日水曜日

アルムズ・ハウス

フルハムのオール・セイント教会の入口前に、ちょっと目立つ建物があります。

建物の一部に「アルムズ・ハウス、1680年設立、1869年再建」と書いてあったので、早速アルムズ・ハウスについて調べてみました。

アルムズ・ハウスというのは救貧院のことです。1600年代にここに住んでいた人が、貧しい男女12人に家を提供したのが始まりだとか・・・。

それが、今では一等地に建つ重要建築物(グレード2)です。誰が住んでいるのかな?

2010年3月23日火曜日

青空ヨガ教室

いつも使っている図書館のホールが手違いで使えなかったため、

近くの公園でヨガの授業を受けることになりました。

まだ肌寒いけど、いいお天気です。

青空の下、小鳥のさえずりを聞きながらのヨガは楽しかったです。

犬の散歩をしている人が足を止めて見たりしますが、

そんなこと気にしないで、ヨガに集中すると、

すっごく気持ちがいいんですよ。

2010年3月22日月曜日

パトニーのテームズ川沿い散策

パトニー・ブリッジ南側のテームズ川沿いを歩いてみました。

ここはビショップス・パークという公園になっています。

毎年3月に行われるオックスフォードvsケンブリッジのボートレースの出発地点がここです。

水門みたいなところがあって、

「遊泳禁止」「危険」という看板がありました。

しばらく川沿いを歩いていたら、大きなフィールドが見えてきて、

子供たちが芝の上でサッカーの練習をしていました。


川沿いの道の突き当りにはフルハム・フットボール・クラブがあります。

プレミア・リーグなのにこじんまりしていますね。