2008年1月31日木曜日

サン・フランチェスコ聖堂のジオットの壁画

今日は、西洋美術史講座でアッシジのサン・フランチェスコ聖堂について習いました。

ここはジオットが描いた聖フランチェスコの生涯の壁画が有名です。

The homage of the simple man.

The gift of the mantle.

The dream of the palace

The advice of San Damian's crucifix.

The renunciation to wealth.

The dream of Innocent III

The confirmation of the Rule

Chasing the devils of Arezzo

The vision of the fire chariot.

The vision of the thrones.

The proof of fire before the Sultan.

The extasy of San Francis.

The manger of Greccio.

Preaching to the birds.

The death of chevalier of Celano.

Preaching before Onorio III

The miracle of the thirsty man.

The apparition to the chapter of Areles.

The stigmates.

The death of St. Francis.

The apparition to the bishop and to brother Augustine.

Ascertaining the stigmates.

The canonization of St. Francis.

The lamentations of the claretion nuns.

The apparition to Gregory IX.

The recovery of the wounded man of Lerida.

The confession of the lady of Benevento.

The liberation from prison of Pietro d' Assisi.

2008年1月30日水曜日

ロイヤル・フェスティバル・ホールからの夜景

ロイヤル・フェスティバル・ホールの5階バルコニーからの夜景。

ちょっと左手にはチャーリング・クロス駅。

もっと左手には国会議事堂。

2008年1月29日火曜日

ベルシャザルの饗宴

レンブラントが描いた「ペルシャザルの饗宴」(Belshazzar's Feast)を理解するためには、旧約聖書と古代史の知識が必要です。

この絵の主人公ベルシャザルの祖父ネブカデネザルは、紀元前605年に軍隊を指揮しエジプト軍を打ち破り、エジプト人を南へ追いやり、シリヤとパレスチナをバビロニアの勢力圏に入れ、バビロニアを大国へと導きました。

エルサレムはバビロニアに包囲されて、ユダは隷属的な状況に置かれることになり、このときに神殿の貴重な器具の多くが献上品としてバビロンへ持ち去られます。また、預言者ダニエルを含むユダの人々が捕虜となって連れていかれました。これは「バビロンの捕囚」として、聖書に出てきます。
その後も
ネブカデネザルはエルサレムを2度包囲し毎回捕虜を連れ帰っており、やがて紀元前587年頃にはエルサレムを壊滅させてしまいました。

ネブカデネザルは、その後預言者ダニエルの影響を受けて、神を信頼するようになりますが、彼の死後跡を継いだベルシャザル王は先代への反感から、神を遠ざけ、ダニエルを遠ざけるようになります。ベルシャザルは祖父がエルサレムから略奪した金銀の器でワインを飲み、神を崇めようとはしませんでした。すると、そこに人の手の指が現れて、壁に字を書き始めました。恐怖で青ざめ、文字の意味が分からないのでうろたえる王のために、王妃の進言によって、ダニエルが呼ばれます。メネ・メネ・テケル・ウパルシン~王の罪は軽量され、終わりの日が来て、王は裁かれ、国は滅亡する~と書かれていました。

そして、その夜バビロンを急襲するために軍を進めていたメディアのダリヨスによってバビロンは陥落し、ベルシャザル王は殺されたのでした。紀元前539年のことです。

2008年1月28日月曜日

リッチモンド・パーク

パットニーのヨガ教室の帰りに、途中でバスを降りて、リッチモンド・パークを歩いてみました。

ラダーズ・ゲートからイザベラ・プランテーション経由、キングストン・ゲートまで花を探しながら歩きました。

ウィッチへーゼルの花が咲いていました。

冬は日が短く、すぐに薄暗くなります。

でも、このちょっと寂しい冬の景色も好きです。

なんか素敵じゃないですか?

アザレア

遠くからでも、かなり目立つ花。

まさか・・・とは思いましたが、ツツジが満開でした。咲く時期を間違えてますよね~。だって、まだ1月ですよ~。

英語名はAzalea。学名のRhododendronはギリシア語でバラ(rhodon)+樹木(dendron)の意味です。300種を超える園芸種があるそうです。

ハリエニシダ

よく英国の高速道路の両脇で見かける黄色い花は、ハリエニシダ(針金雀枝)です。地中海原産。

英語名Common Gorse。学名はUlex europaeusです。

ナンテン

赤い実がかわいいのはナンテン(南天)です。中国原産。日本では「難を転ずる」にかけて、縁起がいい木とされています。

果実は咳止めや喉の痛みの薬になります。葉には殺菌効果があり、葉をもんだ汁は痛み止めにもなります。

学名Nandina domestica。

ネコヤナギ

ネコヤナギは川辺で見られる落葉低木。この銀白色の花穂は春のシンボルですね~。

学名はSalix Gracilistyla。