2016年8月1日月曜日

タウン・オブ・ラムズゲート (テームズ川沿いパブ)

タウン・オブ・ラムズゲートは

小さくてシンプルなパブですが、歴史があります。

有名なのがパブの外側、引き潮で現れる川床にあった海賊kの処刑場でした。

海賊行為をして捕らえられると、サザークのマーシャルシー監獄に収容され、

裁判で死刑判決が出ると、ロンドン橋を渡って、処刑場のあるワッピングまで引き回されます。
 
処刑場に向かう海賊はパブで最後のエールを2パイント飲むことが許されていました。

処刑場の場所に関しては諸説ありますが、一番有力なのはこのパブの外側、

隣りの小道の古い階段を下りたあたりにあったと思われます。

0 件のコメント: