2016年8月2日火曜日

キャプテン・キッド・パブ (テームズ川沿いパブ)


パブの名前のキャプテン・キッドは、

 ウイリアム・キッド(1645-1701)のことで、

 スコットランド生まれ、ニューヨークに移住した裕福な商人でしたが、

 
 海賊船の船長になり、最後にここで絞首刑になりました。

 
処刑される直前、「自分はある場所に財宝を隠している」と叫びましたが、

処刑人はそれを無視してキッドを処刑してしまいました。

この話をもとに、今もどこかにキッドの財宝が眠っているという伝説ができ、

スチーブンソンの「宝島」、エドガー・アラン・ポーの「黄金虫」などが書かれました。

ベンチに座って、川を見ながら

ビールを飲む幸せ。

ここからは(船のための)ガソリンスタンドや

水上警察が見えます。

0 件のコメント: