2017年1月17日火曜日

V&A ファッション・ギャラリー (1860 -1875) クリノリン

コート(1873-75)

昼のドレス(1869-70)

裕福な女性は時間と場所に応じて服を使い分けるようになってきました。午前中の部屋着や昼食用、午後、外出用、夜会服など日に何回も着替えました。

クリノリン(1860-65 )
クリノリンというのは馬の毛を織り込んだ硬い麻布という意味ですが、50年代以降の鯨のひげや針金につなげて作られた下着、されにそれによって大きくスカートを広げたスタイルのことを指すようになりました。クリノリンによって女性は重いペチコートを何枚も重ねることなく、スカートを広げられるようになりました。

 上着(1865)

0 件のコメント: