2017年1月7日土曜日

V&A ファッション・ギャラリー(1960-70) クレージュ、マリー・クワントなど



 フォール&タフィン(1964)
1960年代、カーナビーストリートのブティック、フォール&タフィンによるカラフルなミニドレスやパンツスーツが流行します。

 ヴォーグ(1964)

アンドレ・クレージュ(1966)
パリのクレベール通りにサロンを開設して独立。初コレクションのデザインは造形的で、ミニを基調とした明るいイメージで、かつ動きやすい機能性を持たせたものであった。これが 大当りとなって一躍有名になりました。64年パンタロンルックを発表、イヴニングドレスとしてパンタロンを提案し、スポーティで機能的な傾向を強調しました。65年にミニ・ルックとよばれるミニ・スカートを発表。67年、伸縮性に優れたボデータイツを発表する。71年に香水部門をスタート。73年にメンズ部門と展開を広げていきます。

エミリオ・プッチ(1968)
フィレンツェの侯爵家に生まれ、スポーツウエアのデザイナーとして評判を高めます。先の細いパンツ、カプリパンツ、ショーツ、リゾートドレス、鮮明なプリント柄と大胆な図柄、色を使った通称「プッチ柄」が特徴的で、マリリン・モンロー、ソフィア・ローレン、エリザベス・テーラー、ジャクリーン・ケネディなど各国のセレブに受け入れられました。デザインを手掛ける傍ら、政治家としても活躍を続けていました。

マリー・クワント(1967)
ロンドンのキングス・ロードにバザールという店を開き、1958年頃からミニ・スカートを売り出したところ大ヒットします。ミニは英国車ミニクーペから採用。カラフルなデザインのタイツを考案。ホットパンツを考案。化粧品も売り出します。1957年にナイツブリッジに2号店を開店。 1962年にはアメリカ市場に進出。英国ファッションの多大な貢献が認められOBEなど受勲しています。

レインコート、マリー・クワント (1963)

 ポンチョ、マリークワント(1985)

マリークワントのメイクアップ用クレヨン(1967)

  ヴォーグ(1963)

0 件のコメント: