2017年1月19日木曜日

V&A ファッション・ギャラリー (1830-1850) 室内服

ウールのドレス(1835-38)
新古典主義の次に、感受性や主観を重視したロマン主義が流行します。ロマン主義の作家たちはルネサンス栄光の時代である16世紀を舞台とした作品を発表し、その舞台となった時代の服装が流行しました。袖はルネサンス期に流行したジゴ袖(羊脚)に宮廷服の基本の細い胴に広がったスカート。

シルクのドレス(1830)

 シミーズ(1835)

シャツとウエストコート(1845-50)

0 件のコメント: